JWCについて

ジャパン・ワイン・チャレンジの展望

 

2022年で第25回目を迎えるジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)は、設立以降、年々規模を拡大し、今やアジア最大規模のワイン審査会の一つとなりました。

私たちはこれまでと同様に、小売業者の皆様との係わり合いを拡大していくことに焦点を当てていくことで、市場と消費者に広く役立つ情報を提供していきたいと考えております。

 

第24回ジャパン・ワイン・チャレンジ2021は10月26日~29日の間、ヒルトンお台場にて開催され、1,200種以上ものワインが世界中からエントリーされました。これらのワインは日本だけでなく国際的にもトップクラスの審査員パネルメンバーによって審査されました。日本トップのワインライター田中克幸氏を審査委員長として迎え、日本のワイン貿易やメディア関連のメンバーも集まりました。

 

13種のワインがトロフィー賞を受賞、プラチナ・ゴールド賞には18種、そして金賞120種、銀賞260種、銅賞533種という素晴らしい審査結果となりました。

また品質と価格帯の良さを反映するためベスト・バリュー審査も行われました。

 

これらの賞に加えて、下記の賞も設けました。

●最優秀ベストバリューアワード

  日本での小売価格帯を5つに分け、それぞれの価格帯での最優秀ワインにに授与されます。

 (1,000円以下、1,000円~1,999円、2,000円~2,999円、3,000円~4,999円、5,000円以上)

●ジャパンワインチャレンジ 国別賞

 金賞・銀賞を受賞したワインの中から、各国で最優秀のワインに授与されます。

●最優秀日本小売業者賞

 参加者からの申込書に基づき、受賞ワインを一番多く取り扱っている小売店に授与されます。

●最優秀ディスカバリー賞

 まだ日本市場で販売拠点の無いワイナリーを支援する為に設立されました。
 これは現在日本に代理店の無いワインで、審査員が日本市場で最も可能性のあると判断したワインに授与されます。

ADDRESS

ジャパン・ワイン・チャレンジ


〒103-0004

東京都中央区東日本橋1-9-10 TMEビル

info@japanwinechallenge.com

CONTACT

Thank you!Your message has been received.